マナーは守ろう|ピンク温泉でコンパニオンやスーパーコンパニオンと遊ぼう!

ピンク温泉でコンパニオンやスーパーコンパニオンと遊ぼう!

壁にもたれる女性

マナーは守ろう

ソファでくつろぐ女性

ピンクコンパニオンたちとの楽しい宴会、普段はいうと「セクハラです!」と怒られてしまうようなことを言ってもOKですし、女性に抱き着いたり触ったり触られたり、と非常に過激なスキンシップをとっても怒られることもありません。
そんな素敵な宴会ですが、一つだけ守らないといけないものに「最低限のマナーは守る」という物があります。

コンパニオン達との宴会では普段できないことができる為、ついつい調子に乗ってしまいがちです。
その為、コンパニオンが「それはちょっと……」と言ってしまうような事をしてしまった際も「まぁまぁ、いいじゃんいいじゃん!」と言って強引に迫ってしまいがちです。
しかしコンパニオン達が嫌がっていたり、それは出来ないと言っていることは言い換えると「私たちのやっていいサービスではありません」と言っているのと同じです。
なので、余りに強引に迫りすぎると「この人たちは要注意だから帰ったら報告しておこう」と思われてしまったり、余りにも度が過ぎると次回以降の利用を断られてしまう事もあるのです。

なので、もしも相手が嫌がっていたら素直に引くようにし、それでもやり過ぎてしまった際は正直に謝る、もしも周りの友人がやり過ぎていると感じた際は場の空気を壊さない程度に注意をし、コンパニオン達を含めてみんなが楽しめるような空気作りを行うようにしましょう!